カード被害にあわないための対策

クレジットカードが普及しつつある現代において、クレジットカードの普及と
同じように増えてしまっているのが、カード被害です。

このカード被害から自分の身を守るためには、どのような対策を講じることができる
のでしょうか?クレジットカードをよく使う人は、しっかりとチェックしておきましょう。
 

カード暗証番号はわかりやすい数字にしない

カードの暗証番号はどのようなものを使用していますか?
自分の誕生日、家の住所、家の電話番号など誰でも思い浮かぶような
ものを暗所番号にしていませんか?暗証番号が盗まれてしまうと、
お金が盗まれることは避けられません。
簡単な気持ちで暗証番号は決めないようにしましょう。

自分が覚えておかないといけないために、簡単に思い出せるものにして
しまいがちですが、それでは犯罪者も考え付くものになっていることが
あります。

たとえカードの情報が盗まれたとしても、カードの暗証番号が
盗まれなかったら被害は抑えられることもあります。
わかりやすいものにしないようにするとともに、
口座ごとに暗証番号は変えるようにしましょう。
 

クレジットカードの利用明細は保管する

クレジットカードの利用明細をその場で、捨ててしまうという人もいるのではない
でしょうか?それはとてもリスクのある行為です。自分が利用したという大事な
証拠だからです。もしも自分の手元にある利用明細以外の引き出しが行われて
いたとしたら、利用明細書を照らし合わせることによって、被害にいち早く気が
付くことができます。

巧みな犯罪者は、気が付かれないように少額を数回にわたり引き出している
こともあります。これでは気が付かない!という小さな額なのです。
そのために知らず知らずに長い間、被害にあっていることもあります。
そのような被害をなくすためにも、利用明細をきちんととっておくことが
大事になります。

さらにもしも被害にあった時に、自分が引き出したのではない!
という証拠にもなることもあります。

 

クレジットカード支払日には控えと請求額を確認する

クレジットカードを使った時の領収書を捨てていませんか?
捨ててしまっては、被害にあっていることに気がつくこともできません。
悪質な店ではわざと同じ商品を2回打ち込むこともあります。

お客さんには1回分の領収書しか渡さないためにその場では
気が付かずに、しかもカードの請求はすべてまとめてくるために
小さな額ならば気にならないということ利用した手口もあるのです。

しっかりと余計なお金が差し引かれていないかどうかを、
確認するためにも領収書は証拠品となります。